増えるミルクティー

 朝起きて職場に行くとY子は眉をひきつらせた。彼女のデスクに、紙コップに入ったミルクティーが置かれていたのだ。知らない相手から差し入れがあるのはこれでもう四度目だった。ミルクティーは大好きでよく買っているのは事実だが、こうも続くと気持ち悪い。

 Y子は今年で二十四になる若手のOLだった。容姿に恵まれていた彼女はこれまでに異性からあらゆるアプローチを受けてきた。中には非常に悪質でストーカーじみたものもあった。今回もその手のものかと彼女は疑った。

 そこでY子は上司のK氏に相談をすることにした。K氏は今年で四十三になる男の部長だ。要するに彼はY子が働く部署で一番偉い役職に就く人物だが、それにしては能力は冴えずコミュニケーションも下手で、教育的でもなかった。ルックスも特にいいわけでもなく、やはりというか、独身だ。どうしてこの男が部長になれたのか、職場の誰もが不思議に思っていた。

「あの、部長」

「どうしたんだい、Y子くん」

 Y子は、自分のデスクの上に毎日のようにミルクティーが置かれるという不思議な現象についてK氏に話した。頼りないが立場が一番上の人間に話すのが最適だと思ったのだ。

「そこまで神経質にならなくてもいいんじゃないかな。きっと誰かが気をきかせてご馳走してくれているんだよ。それに君はミルクティーが好きなんだろ? むしろ感謝してもいいんじゃないかな」

 楽観的な彼の意見を聞いてY子はがっかりした。なんて頼りない上司なのだろう。

 Y子からの相談を受け、K氏は心の中でほくそえんだ。Y子に執拗と言って良いほどミルクティーを送っていたのは実はこの男だった。恋愛下手で独特な感性を持つ彼は、女性に対するアプローチの仕方がやや屈折していた。

 Y子に興味を持った彼はここ数日で彼女をリサーチし、彼女がミルクティー好きであることをつきとめていた。そこで、毎日ミルクティーを送って関心を引こうと考えたわけである。

 翌日も、その翌日も、K氏は朝早くに出勤してY子のデスクの上にミルクティーを置いて彼女の反応をうかがった。頃合いをみてカミングアウトしよう。そうすればきっと落ちるはずだ。Y子が気味悪がっているとは知らずに、自分の計画が順調に進んでいると錯覚しているK氏であった。

 ある日、Y子が再び相談を持ちかけてきた。

「あの、部長。実は、ミルクティーの他にもコーラが置かれるようになったんですが……」

「コーラだって?」

 K氏は驚いた。身に覚えがなかったからだ。

「私が職場に来たとき、ミルクティーとコーラの二つがデスクの上に置いてあったんです」

 可笑しい。K氏がY子のデスクの上にミルクティーを置いたときにはコーラは置かれていなかった。ということはK氏がミルクティーを置いてから、何者かがコーラを置いたことになる。

 翌日になると、ミルクティー、コーラに加えて緑茶まで置かれるようになった。さらに日が経つと、Y子だけではなく他の職員のデスクの上にまで飲料が注がれた紙コップが多数置かれるようになった。

 ある日の会議で、ある職員がこう発言した。

「部長、もうご存知かとは思いますが、最近、何者かがおかしなイタズラをするんです」

「どうにもおかしな状況だ。誰がこんなことをしている? 名乗り出る者はいないかね?」

 K氏がこう言っても、誰も名乗り出る者はなかった。K氏はことを荒立てたくはなかったが、他の職員があまりに騒ぎ立てるのでK氏も上司としてなにか対策をとらざるを得ない状況にまで追い込まれた。

「そうか。本当は疑いたくはなかったんだが、やむを得ない状況だ。監視カメラをつけて犯人を割り出そう」

 K氏の判断により、その日から職場の部屋に監視カメラが取り付けられることになった。これでどのデスクにおいても、誰がどのタイミングでコップを置いたかが一目瞭然でわかるに違いない。しかしカメラが取り付けられてからというもの、この事件はぱたりと起きなくなった。

 Y子は後日、改めてK氏にこう言った。

「ありがとうございます、部長。嫌がらせがなくなりました。部長のご決断のおかげです」

 先日、K氏がY子のデスクの上にミルクティーを置いているところを、Y子の同僚が目撃していた。同僚はY子にその事実を教えたようだ。

【end】

Home へ