Ando LAB

I like(or want to practice)

About Me

Main informations about me

あんどーの自己紹介

2016 静岡大学理学部物理学科卒
2018 筑波大学数理物質科学研究科物理学専攻修了
趣味で小説を書いています。長編を書くのが好きだけど、ショートショートや短編も書いているよ。一つの収入源で生きていくことに不安を感じ、最近はスキマ時間でプログラミングを学習中。現在岐阜在住

Services

Meet our amazing services
  • イラスト作成

    ご要望に合わせてイラストを作成いたします。ロゴやアイコン、パワーポイントに使う挿入図など、なんでもお気軽にご相談ください。作風はポートフォリオを参考にしていただければと思います。当面は無料で行う予定ですが、細かいご要望等は下記のお問い合わせフォームからお願いいたします。

    request portfolio
  • LP制作

    LPの作成を考えている方、作成したくてもイマイチやり方がわからない方のために、ando-labが頑張ります。ご要望に合わせてLPを制作いたします。まずは下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい。

    request
  • 小説執筆

    指定していただいたお題、登場人物、設定等を基にあなただけの小説を執筆いたします(場合によってはシナリオ・脚本等の制作も行います)。プレゼント用にどうでしょう。貰った相手はびっくりだけどユニークなので絶対にかぶりません。まずは下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい。

    request portfolio

Creative Works

Check out our latest creative works

Writting story

  • Octorber 7, 2017 ショートショート

     朝起きて職場に行くとY子は眉をひきつらせた。彼女のデスクに、紙コップに入ったミルクティーが置かれていたのだ。知らない相手から差し入れがあるのはこれでもう四度目だった。ミルクティーは大好きでよく買っているのは事実だが、こうも続くと気持ち悪い。
     Y子は今年で二十四になる若手のOLだった。容姿に恵まれていた彼女はこれまでに異性からあらゆるアプローチを受けてきた。中には非常に悪質でストーカーじみたものもあった。今回もその手のものかと彼女は疑った……

  • August 12, 2018 ショートショート

     萩野がまぶたをゆっくりと開けると、淡い照明の光が彼の目を刺激した。視界はまだかすんでいて口の中はねばっこいが、頭は妙にすっきりしていた。タイミングよく覚醒できたのだろう。こういう日はよく仕事がはかどるものだ。
     次の瞬間、静かな機械音と共に正面の半透明の板が取り払われ、隔てるものがなくなった照明が直接彼の網膜を焼いてくる。それにしてもここはどこだ、と不審を覚えたのはそのときだった。ここは自宅のベッドの上じゃない。上体を起こそうにも、寝起きの身体は脳からの指令に対して鈍感で、全身が鉛になったように動かない……

  • April 12, 2018 ショートショート

     ここは、とある研究所の一室。 足の踏み場もないくらいモノで溢れかえった部屋の隅っこで研究に没頭していたアンダーソン博士は、手にしていたフラスコにうつる自分の顔をじっと見て、言った。
    「どう思うね、君」
    「何がですか?」
     近くで掃き掃除をしていた助手の磯部が、博士に顔を向ける。
     この研究室には今、博士と磯部しかいなかった。
     アンダーソン博士は世界的にもすごく有名な科学者だが、……

Contact Me

Get in touch with me